• Nicholas Kimura

元VAのA332、塗装を剥がされフェリーアウト (VH-XFJ)

Updated: Nov 13, 2020

ヴァージン・オーストラリア航空の機材統一計画に伴い、B737以外の機材はリースバックあるいは売却となる方針です。ヴァージン・オーストラリアは6機のA332を保有していましたが、そのうち1機(VH-XFJ)が先日フェリーアウトされました。



エンジンとウィングレット以外の塗装は剥がされ、ほとんどオールホワイトになった当機はセキュリティーカーを伴いトーイングされていました。その後、エンジンスタートにしばらく時間をかけ、ランウェイ16へ向かいタキシングを開始しました



現在他のA332はすべて長期保管されており、以下のようになります。


XFC - Avalon

XFD - Melbourne

XFE - Perth

XFG- Brisbane

XFH - Toowoomba


次にフェリーされるのはメルボルンにて準備中のXFDではないかと予想しています。



当機は黒雲を背景に、一瞬の太陽光を浴びて離陸していきました。あれほどよく見かけていた機体も、最後となれば心に来るものです。この一枚の前後は日が射さず、とてもラッキーな一枚となりました。



最後にヴァージン・オーストラリアのA332として現役だった頃の写真を載せておきます。こうして見るとコロナの影響が体現されたようで、悲しい限りです。また、将来的にヴァージン・オーストラリアはB789を導入する噂がありますが、現状を受けてまだかなり先となるでしょう。

23 views

Recent Posts

See All